せんだい演劇工房10-Box

  • Pick up
  • 観る・聴く
  • 主催事業

Team HacCLose  せんだい短編戯曲上演 Sep.

或夜の感想

(第4回せんだい短編戯曲賞最終候補作品)

 

本公演は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い開催延期となりました。

現在、宮城県・仙台市では新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「まん延防止等重点措置」が適用され、さらに市内における感染が拡大している状況を受け、止むを得ず、「せんだい短編戯曲上演 Sep. 『或夜の感想』」の公演を延期することに致しました。

すでにご予約頂いたお客様、上演を楽しみにされていた皆様へ大変心苦しいお知らせではございますが、劇団員一同、感染拡大防止に細心の注意を払い、上演に向けて準備を進めて参りますので、続報を楽しみにお待ち頂けましたら幸いです。

4月に続き、この度の連続上演としては2度目の延期ではございますが、このような状況下でも、次の公演に向け準備できる環境と、楽しみにお待ち頂けるお客様に感謝し、着実にできる限り上演に向け尽力して参ります。 ​今後とも、劇団および「せんだい短編戯曲上演」をよろしくお願い申し上げます。                     

2021/8/31 Team HacCLose 主宰 武田らこ

劇団HPもご覧ください。

これは、夜の話。
汚いものも、美しいものも、見えない代わりに他の何かが見える時間。
作家である私の部屋は暗闇に包まれ、良心が揺らぎ始める。
「早く殺してくれないと困るんです。」
小さな部屋で静かに反響した言葉たちが、夜に沈んでいく。
現実が融解していく、蜘蛛は助けてくれない。

これは、夜の話。
死なないなにかの殺し方を考えている、私の或夜の話。

2013年から、公益財団法人仙台市民文化事業団と仙台市が実施している「せんだい短編戯曲賞」の最終候補作品のうち、各年度1作ずつを選定し、作者やジャンルの違う7つの作品を10ヶ月かけて連続で上演します。
大賞作品は毎年リーディング公演が実施されていますが、その他の候補作品も素敵な戯曲ばかりです。仙台が誇る戯曲賞ノミネート作品を、存分にご堪能頂ける10ヶ月の連続上演企画です。​

【作】
三浦雨林

【演出】
武田らこ

【出演】
武田らこ​
キャストA| ダニー 寧緒 aoi
キャストB| 鈴木まりな 吉城茉海​ 阿部佑美​
飯塚文哉 (東北大学 学友会演劇部)

【日時】
2021年9月18日(土)~20日(月)
18日(土) 19:00(キャストA)
19日(日) 15:00(キャストA)/19:00(キャストB)
20日(月) 11:00(キャストB)
​※開場は開演の30分前 ※上演時間は1時間を予定

【会場】
せんだい演劇工房 10-BOX box-1
(​〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2-12-9)​
地下鉄東西線:卸町駅 下車、「北1」出口より徒歩約10分。*仙台駅からの乗車時間 約9分

【スタッフ】
企画・制作|武田らこ
舞台監督|わたなべひでお
照明|神﨑祐輝(劇団 短距離男道ミサイル)
音響効果|本儀拓(キーウィサウンドワークス)
制作協力|安藤由希奈(A Ladybird Theater Company)

【料金】
予約当日共通|1,500円

【お申込み】
Team HacCLose HP | https://teamhacclose.wixsite.com/home/sep

【お問合わせ】
WEB | https://teamhacclose.wixsite.com/home
E-mail |  haccclose@gmail.com
LINE |  @dza6509p

​【プロフィール】
三浦雨林
北海道出身。1994年生まれ。
日本大学大学院 芸術学研究科 舞台芸術専攻 修了。
所属:隣屋(主宰/演出/劇作)、青年団(演出部)、鳥公園(アソシエイトアーティスト)
主に既存の小説・戯曲を原案に置き、身体的な生理と発話される言葉を際立たせた作品創りを行う。(過去作品に森鴎外『舞姫』、芥川龍之介『蜘蛛の糸』『侏儒の言葉』、レフ・トルストイ『光は闇の中に輝く』など)
2020年以降、映像や美術を用いたインスタレーションでの演劇作品の創作を行う。(鳥公園『乳水』2020、隣屋『オイディプス/コロノスのオイディプス』2021)

●せんだい短編戯曲賞についてはこちら

Team HacCLose
2016年の旗揚げ以来、年間3公演程を上演する宮城県仙台市の劇団です。
誰にでも、観劇しやすく参加しやすい舞台をコンセプトに、演劇初心者から多忙な経験者まで県内外多くのメンバーが所属しています。
少ない稽古日数と最小の公費で多くの公演を実施し、時間もお金もかけずに良質な舞台を作る新しい創作の形を画策しています。

●『せんだい短編戯曲賞 7作連続上演』についてはこちら

主催|Team HacCLose
共催|公益財団法人仙台市市民文化事業団