せんだい演劇工房10-Box

  • Pick up
  • 観る・聴く
  • 主催事業

仙台舞台芸術フォーラム2011→2021東北

てんとせん

2019年から3か年計画で、東日本大震災後に創作された作品を上演していく「仙台舞台芸術フォーラム」。各公演後のトークでは、一人ひとりの思いや表現を共有し、対話を通じてともに考えていく機会を作ってきました。

最終年となる2021年、「第2回仙台劇のまち戯曲賞」受賞などで仙台にもゆかりの深い劇作家・柴幸男が、震災から10年の時間をテーマに新作『てんとせん』を創作します。5月末日、出演者オーディションを実施し、選考の結果、出演者10名が決定しました。上演時間等の詳細は、随時公開いたします。

【作・演出】
柴 幸男(ままごと)

【日程】
2021年12月4日(土)~5日(日)を予定

【会場】
宮城野区文化センター パトナシアター
(仙台市宮城野区五輪2丁目12−70)

【出演】 ※50音順
粟野 日奈子
犬飼 和(仙台シアターラボ)
鹿島 栞
齋藤 小枝(劇団 スイミーは まだ 旅の途中)
齋藤 永子
杉山 秀子
手代木 花野
原西 忠佑
安田 未優
谷津 りりこ

【スタッフ】
舞台監督:菅原 玄哉(office-over)
照明:髙橋 亜希
音響:本儀 拓(キーウィサウンドワークス)
舞台美術:須澤 里佳子(金井大道具株式会社)
演出助手:嶋貫 綾香(劇団うさぎ112kg)
制作:志賀 彩美(演劇ユニット 箱庭)
制作補助:佐藤 美星
ほか

※料金・チケット販売開始日などは決まり次第お知らせいたします。

【主催】
公益財団法人仙台市市民文化事業団/仙台市

【共催】
公益財団法人仙台ひと・まち交流財団 宮城野区文化センター

【企画制作】
せんだい演劇工房10-BOX

令和3年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業

​【プロフィール】
柴幸男  |  劇作家、演出家、ままごと主宰。急な坂スタジオレジデント・アーティスト。多摩美術大学専任講師。
劇場から船上まで、学芸会から工場見学まで、場所や形態を問わない演劇活動を全国各地で行う。
日本大学藝術学部在学中に『ドドミノ』で第2回仙台劇のまち戯曲賞を受賞。2010年『わが星』で第54回岸田國士戯曲賞を受賞。近年は小豆島や横浜、台湾に長期滞在し地域に根ざした演劇を継続的に上演。
2014年より『戯曲公開プロジェクト』を開始、戯曲を無料公開し多くの上演機会を設けている。

【お問い合わせ】
せんだい演劇工房10-BOX 
TEL:022-782-7510 FAX:022-235-8610 E-mail:contact@gekito.jp