せんだい演劇工房10-Box

  • Pick up
  • 観る・聴く

こちらの公演は、「まん延防止等重点措置」を受けた10-BOXの休館により公演延期となりました。
詳しくはTeam HacCLose公式サイトをご覧ください。

https://teamhacclose.wixsite.com/home/peke

Team HacClose  せんだい短編戯曲賞上演 Apr.

✕(ペケ)な人々

(第6回せんだい短編戯曲賞最終候補作品)

 

春、大学の映像研究会の部室でシナリオを書く阿ペケの前に新入生・星野が現れる。彼女が見せてくれた写真に衝撃を受け、阿ペケのシナリオは迷走していく。一方、星野と他の部員達はなぜシナリオが出来ないか話している内にふとした所から「阿ペケ」の由来が語られ、それをきっかけに部員たちの関係性が変わり出す。

2013年から、公益財団法人仙台市民文化事業団と仙台市の主催により開催される「せんだい短編戯曲賞」の最終候補作品のうち、各年度1作ずつを選定し、作者やジャンルの違う7つの作品を10ヶ月かけて連続で上演します。
大賞作品は毎年リーディング公演が実施されていますが、その他の候補作品も素敵な戯曲ばかりです。仙台が誇る戯曲賞ノミネート作品を、存分にご堪能頂ける10ヶ月の連続上演企画です。​

【作】
升孝一郎

【演出】
武田らこ

【出演】
阿ペケ|杉浦コム
林田|馬場飛翼
将軍|伊藤尚宏
星野|A 倉田真奈
   B 伊桐帆香
山口|A 梶賀まな美
   B 石井愛
先崎|A Hal
   B 史奈

【日時】
2021年4月24日(土)~25日(日)
24日(土) 15:00/19:00(キャストA)
25日(日) 11:00/15:00(キャストB)
​※開場は開演の30分前 ※上演時間は1時間を予定

【会場】
せんだい演劇工房 10-BOX box1
(​〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2-12-9)​
地下鉄東西線:卸町駅 下車、「北1」出口より徒歩約10分。*仙台駅からの乗車時間 約9分

【スタッフ】
企画・制作|武田らこ
舞台監督|わたなべひでお
照明|神﨑祐輝(劇団 短距離男道ミサイル)
制作協力|安藤由希奈

【料金】
予約当日共通|1,500円

【お申込み】※3月20日(土) 予約開始
Team HacCLose HP | https://teamhacclose.wixsite.com/home/peke

【お問合わせ】
WEB | https://teamhacclose.wixsite.com/home
E-mail |  haccclose@gmail.com
LINE |  @dza6509p

​【プロフィール】
升孝一郎
宮城県出身、福岡県在住。1989年東北学院大学演劇部に入部、1992年仙台の劇団「十月劇場(後 Theatre Group OCT/PASS に改名)」に入団。1999年に退団。以後は個人で活動。劇作の代表作は『×(ペケ)な人々』(第6回せんだい短編戯曲賞最終候補)と『おらいのゴッホさん』(第7回せんだい短編戯曲賞最終候補)。

●せんだい短編戯曲賞についてはこちら

Team HacCLose
2016年の旗揚げ以来、年間3公演程を上演する宮城県仙台市の劇団です。
誰にでも、観劇しやすく参加しやすい舞台をコンセプトに、演劇初心者から多忙な経験者まで県内外多くのメンバーが所属しています。
少ない稽古日数と最小の公費で多くの公演を実施し、時間もお金もかけずに良質な舞台を作る新しい創作の形を画策しています。

●『せんだい短編戯曲賞 7作連続上演』についてはこちら

主催|Team HacCLose
共催|公益財団法人仙台市市民文化事業団